ball blog court human map money trophy whistle info swip rule

お知らせ

ドイツ指導者研修

  • 施設ブログ

お疲れ様です!

フットサルアリーナ上尾スタッフの
石渡です!
久しぶりにブログ書きます!
実は、
10日ほど
ドイツに行っていました!
大人のイベントいっぱいお休みして、
すみません。
今回行った目的は、
ドイツの育成システムを学び、
指導力を高めて、
フットサルアリーナ上尾の
ジュニアスクールの選手たちを幸せにすることです!
一番学んだことは、
ドイツはうまくなる国ということです!
選手がうまくなる環境がいっぱいあります!
環境で言えば、
ドイツの4部とかでも
4面芝のコートに、カフェがあります。
2部とかだと
7面あり、
クラブのバスがあり、
でっかいスタジアムがあります。
ピッチを作るお金は、市が出します!
市が出す代わりに、
空いた時間は近くの学校が使ったりします。
また、30ぐらいのスポンサーがいます。
スポンサーになると国からスポンサーは、
補助金がもらえます。
なので、
コート代の一部をクラブが出すぐらいです!
国がサッカーを支援しているので、
環境はすごいです!
また、
ただの練習試合にも
マッチコミッショナーがいて、
審判、保護者、選手、指導者を
チェックしていて、管理しています。
なので、うまくなることに、
ブレーキをかける保護者
ブレーキをかける指導者がいません。
選手の成長を邪魔する存在がないので、
選手はどんどんうまくなるのです!
ドイツは
うまくなるシステム、環境があります!
そこは
すぐに真似は出来ないので、
せめて、
選手を大切にするという想いだけは、
真似していきたいです!
また、
ドイツに行ったからなんなの?って
思っています!
行くことは、ゴールではなく、
スタートです!
行った経験をもとに
日本で何をするかが大切です!
ドイツすげー
環境すげー
ではなく
日本で何が出来るかです!
フットサルアリーナ上尾で、
自分が出来ることを探していきます!
以上
フットサルアリーナ上尾
ジュニアスクール担当 石渡